わからんから面白い魏志倭人伝

三国志の時代の魏志倭人伝にはわからん事が多い。わからんからそのまま想像力を働かして楽しんじゃお!

日本人とは

f:id:Aki104:20190121100414j:plain

前回日本人の起源として主に4つタイプ(C1a1、D1b、O1b2、O2)の変異をY染色体にもつ人々をあげた。

・C1a1とD1b:いわゆる縄文人:現日本人の約40%

・O1b2:三国志にいう倭人:現日本人の約30%

・O2:現中国人の大半を占める:現日本人の約20%

上記考察は崎谷満さんの本に詳しい[1]。

 [1] 崎谷満、「新・日本列島史」(2009)

縄文人のタイプは現日本人の中に40%も残っている。

いわゆる弥生人は、上記のO1b2とO2を示す。

こうしてみると、弥生人縄文人を駆逐していったというのはあまり正確ではなく、おおむね弥生人縄文人が適当に共生して交じり合っていって共に人口を増やしていったようだ。おそらく、まだ日本列島の人口が少なくて土地が十分にあって、争う必要があまりなかった。

それでも、弥生人生活様式・言語・風習を拒否する縄文人も中にはいただろう。そういう人々は農耕により人口を増す弥生人そして共生する縄文人の前では、ただ立去るより他なかっただろう。

因みにアイヌ人16人のY染色体の解析結果では皆上記のCタイプとDタイプに属していたそうだ。

 

上記、40%+30%+20%=90%だが100%ではない。その他にNとかQタイプが日本人に分布する。

特にQタイプは面白い事にネイティブアメリカンアメリカ大陸原住民)と共通する。マヤ文明・インカ文明・アズテック文明と創った民族と祖先を共通とする人々が日本人のなかにいるのだ。

 

もう一つ面白いのは高見山・曙・小錦武蔵丸といったポリネシア人はO1aに属する人が多い。O1aは日本人の30%が属すO1bの兄弟みたいな人々だ。このO1aタイプをもつ人々は台湾を起点にして島伝いにインドネシアに向かい、さらにメラネシア諸島からサモア島へ、そしてタヒチ島へ、さらにハワイ諸島へ、イースター島へ、さらに西暦1,200年頃にニュージーランドに到った[2]。

 [2] Wikipediaポリネシア人

ニュージーランドマオリ語でAOTEAROA(アオテアロア)という。意味は「白く長い雲のたなびく地」だ。

ポリネシア人タヒチ島からはるばるカヌーを漕いでやってきた。360度海と空しかない。その空に、「白く長い雲」がたなびいていた。

カヌーの人々は確信した、「その雲の下には大地があるはずだ」。

それがニュージーランドだった。

 

倭人とは

f:id:Aki104:20190121100414j:plain

新年になりあらためてブログを再開します。

 

魏志倭人伝とあるように三国志は「倭人」という。他の「高句麗」とか「韓」とかは皆国や地域といった住所を示すのに、「倭」だけは「倭人」と人で示す。どうしてか?

おそらく、三国志より前は「倭人」が過去において色々な所に出没していて住所がわからなかった。わかっていたのは東の海のどこかにいたという程度だった。それで住所が未知だけどとにかく存在するから「倭人」と人で示した。

 

ところで人の遺伝子解析をすると過去の人の動きがある程度わかるようになってきた。例のミトコンドリアイヴ[1]の発想だ。

  [1] Rebecca L. Cann, Mark Stoneking, Allan C. Wilson,  “Mitochondrial DNA and human evolution”, Nature 325: 31 - 36 (1987).

ミトコンドリアイヴでは人の細胞内に存在するミトコンドリアが密かにもつDNAを解析した。同じことを人の男性がもつY染色体でもできる[2]。

 [2] Peter A. Underhill et al. , “Y chromosome sequence variation and the history of human populations”,  Nature Genetics 26: 358 - 361(2000).

Y染色体の変異から日本列島への人の動きも解析できる[3]。

 [3] 崎谷満,"新・日本列島史", (2009).

Wikipediaにある図[4]がその最新版と言える。

 [4] Wikipedia弥生人」図"弥生人に連なる東アジアのY染色体ハプログループと民族移動"

そしてその図[4]の中にあるO1b2が「倭人」だ。

本記事の上図は図[4]を元に作った。上図を見ていただきたい。

O1b2タイプの変異をもつ人々が揚子江河口付近から海岸沿いに東アジア全体に広がっていったのがよくわかる。日本列島にも到達している。

一部は朝鮮半島の根本を横断して沿海州に行っているように描かれているけれども、これはどうだろう?朝鮮半島を海岸沿いに南行・東行・北行したのでは?

このO1b2タイプの人々が日本列島に稲作と鉄とをもたらした弥生人だ。

現在の日本人のうち30%くらいはO1b2タイプに属するらしい[5]。

 [5] WikipediaY染色体ハプログループの分布 (東アジア)」

 

再び上図を見ていただきたい。

O1b2タイプの倭人が日本列島に進出し始めたころ(おそらく紀元前1000年から西暦200年頃まで)に、既に列島にはD1bやC1a1タイプを始めとする雑多なタイプの人々がいた。縄文人と後世に言われる人々だ。現在日本人の40%くらいがこのタイプに属する[5]。

また、中国大陸にO2タイプの人々がいる。現中国人の大半はこのタイプに属する。現日本人では20%くらいだ[5]。

 

結論として、

第1に三国志に登場する「倭人」とはO1b2タイプの人々だ、というのが現在のベストゲス(best guess=仮説)だ。

第2に日本人の起源は?という質問に対しては、上記のように、C1a1、D1b、O1b2、O2を始めとする種々雑多な人々が混ざりあってできた、という事になる。当時はまだ日本列島の人口密度が低いから互いに相手の領域を犯す必要がなく、割と平和的な共生だった。

 

【注意】

上記O1とO2は、2015年の変更前のO2とO3に対応する。本を読む時注意しないと訳が分からなくなる。以下旧(2015年以前)との対応だ。

・O1 (2015年に新設)

 ・O1a (旧O1)

 ・O1b (旧O2)

  ・O1b1 (旧O2a)

  ・O1b2 (旧O2b)

 ・O2 (旧O3)

 

 

倭人:海の民ー4

f:id:Aki104:20181219104315j:plain

魏志倭人伝にいう「倭人」とは中国人が勝手につけた名称だ。

そして、当時の中国人にとって「倭人」とは上図地域に住む海の民を総称して示す、言わば普通名詞みたいなものだった。

という考えを示してきた。

かといって、「倭人」が空想的なものではない。

例えば、鮮卑の檀石隗が捕まえたのは、後漢書にいう「倭人」か[1]、三国志にいう「汗人」か[2]、わからないとしても、海の民という実体があった。

   [1] 范曄著「後漢書」東夷鳥桓鮮卑

   [2] 陳寿著「三国志」魏書烏丸鮮卑東夷伝

では「倭人」と言われた人々の実体はなんだろう?

 

今は、遺伝子情報を解析する事により、人類、人種、民族の分岐のしかたをある程度明らかにすることができる。例の「ミトコンドリア・イブ」の手法だ。

Wikipediaでも日本人の起源について実に多くの項目がある。例えば、

縄文人」「弥生人」「日本人」「ハプログループ」「Y染色体ハプログループ」「ミトコンドリアDNAハプログループ」「ミトコンドリア・イブ」など。

この年末にそうした手法について調査してみたい。

実は、先人の研究により現時点での答えは既に出ていて、Y染色体ハプログループO1b2を持つ人が多い部族がいてそれが「倭人」の実体らしい。

 

では 

Merry Christmas! and Happy New Year!

 

 

倭人:海の民ー3

f:id:Aki104:20181219104315j:plain

魏志倭人伝」という言い方は簡便だから使うけれど、実は正確ではない。

正確には「三国志魏書烏丸鮮卑東夷伝」の中の「倭人条」だ。

その「三国志魏書烏丸鮮卑東夷伝」には以下の7項目(「条」)がある。

1.匈奴・烏丸・鮮卑

2.東夷

3.夫餘・高句麗・東沃沮

4.挹婁・濊

5.韓

6.倭人

 

この項目名を見て気付かないだろうか?

私は、なぜ「倭」ではなくて「倭人」としたのか疑問だった。

1.から5.までは地域を示す語と考えていい。

ところが、6.では「倭人」という人々を指す語が使われている。

一体陳寿さんはなぜ6.でのみ「倭人」を使ったのだろうか?

 

おそらく、陳寿さんは「倭人」というイメージはもっていたが、「倭」という地域のイメージはほとんど持っていなかったと考える。

陳寿さんの「倭人」のイメージは東の海の島しょ部に住む海の民だった。

しかしその「倭人」:海の民の住む島しょ部がどこにどのように分布しているか全くわかっていない。

そこで陳寿さんはまだあまりイメージのはっきりしない「倭」という地域名よりも「倭人」を用いて、「倭人条」の書出しが

倭人在帶方東南大海之中依山島爲國邑

となった。

魏の使節の北九州訪問により、やっと、「倭」の中枢部が韓半島の狗邪韓国を北岸とする地域つまり韓半島の南に存在する事がわかった。

しかし、海の民=倭人というイメージはいつまでも中国人の記憶に残った。

 

倭人:海の民-2

f:id:Aki104:20181219104315j:plain

倭人」とは中国人が勝手につけた名前であって、必ずしも日本列島に住む人々を指すものではない。

そこで、中国人がどのように「倭人」を記述しているか見てみる。こういう時にWikipediaの「倭・倭人関連の中国文献」は便利だから、そこに沿っていく。

1.論衡(王充著、後漢期)

周の時代に倭人暢草という草を献じたそうだ。おそらく中国内陸にはない珍しい草だろう。同時期に越裳は白雉を献じたとある。越は中国南方だから倭人も南方から来たのかもしれない。

2.山海経(?、前漢?)

倭は燕に属す、とある。その北に鉅燕がありさらに蓋国があるという。燕は東シナ海北部の渤海湾の北に位置するから倭もその近くにある事になる。こんなところにも倭が進出していた事になる。

3.漢書地理志(班固著、後漢

昨日述べた。東夷~九夷~倭人:海の民の図式だ。歳時に献見すとある。

地理志ではまず楽浪郡の記述がある。そこには倭の記述はなく、だいぶ後にある燕国の記述の中に倭人が登場する。そうした記述方に、倭が燕に属すとした山海経の影響が見られる。ところで献見先はどこだろう?朝廷か、燕国か、楽浪郡か、、、?

4.三国志陳寿著、西晋

魏志倭人伝そのものだ。ここには韓半島の狗邪韓国が倭の北岸とする。

5.後漢書東夷伝(范曄著、劉宋時代だから三国志より150年後)

3カ所に倭が登場する。

a) 西暦57年に倭奴国が朝廷に来た。金印を与えられた。ここで倭奴国倭国の極南界とする。なぜ倭奴国倭国の極南になるのだろう?范曄のイメージする倭国とはどの範囲を示すのだろうか?

b) 西暦107年に倭国王が生口160人を献じて、請見を願うとある。請見できたろうか?願うとあるだけだからできなかったか?

c) 鮮卑檀石槐が倭人国を襲って千余家を捕まえて魚を採らせた。実はこの記述は三国志からの引用であって、三国志では「倭人」の所が「汗人」に置換わっている。范曄は「汗人」を敢えて倭人」と解釈した。鮮卑が襲えるような海辺の地域というとおそらく渤海湾北岸だ。范曄のイメージでは渤海湾北岸地帯に住む「海の民」も倭人だった。

 

以上の記述から、中国人の持つ「倭人」とは上図に示すような、中国大陸沿岸部の島しょ部に住む海の民を総称する普通名詞のようなものだった、と想像する。海の民の活躍地域は、北は渤海湾北岸から南は海南島魏志倭人伝では儋耳硃崖)まで及んだ。

そうした、倭人のイメージは、魏志倭人伝が記述する魏の使節の北九州訪問によっていくらか修正された(韓半島の狗邪韓国が倭の北岸)けれども、さらに150年下った時代の范曄が未だ鮮卑が襲った渤海沿岸の海の民を「倭人」としたように、中々消えるものではなかった。

なお、以上はあくまでも中国人からみた「倭人」であって、中国大陸沿岸部の島しょ部に住む海の民は実際は様々な民族の集まりだったと思う。

我々がイメージする「倭」と当時の中国人がイメージする「倭人」とは大きく違っていた。

倭人:海の民

f:id:Aki104:20181219104315j:plain

倭人」という語について考えてみたい。

倭人」というと日本列島の島々に住む古代の日本人と我々は普通に考えてしまう。

しかし、この「倭人」という語は、中国人が勝手につけたものだ。

日本列島という島々が中国人に認識されていない昔から「倭人」という語があった。日本列島という島々が(精確には日本列島のうちの対馬壱岐、九州が)中国人に認識されたのは、三国志魏志倭人伝が記載されてからに過ぎない。

それ以前には、中国人に日本列島の島々が認識されていたとは考えられない。

日本列島の島々が認識されていないなら、

倭人」=日本列島の島々に住む古代の日本人

という図式は成り立たない。

では中国人にとって「倭人」とはどのような人々を指しただろうか?

そのヒントは班固が著した漢書の地理志にある。

燕の国の条の最後に以下の文がある。

東夷は天性が従順だ。他の三方(北狄、南蛮、西戎)と異なる。 

     (然東夷天性柔順 異於三方之外) 

故に孔子が道の行われない事を悼んで海に浮かんで九夷に行こうと欲したのも道理だ。

     (故孔子悼道不行 設浮於海 欲居九夷 有以也夫)

楽浪の海の向こうに倭人がいる。百余国に分かれる。歲時に来て獻見するという。

     (樂浪海中有倭人 分為百餘國 以歲時來獻見云)

以上の3つの文を味わってもらいたい。

ここでは東夷~九夷~倭人という図式が成立つ。

また九夷に行くには海に浮かばねばならない。

そして、倭人は楽浪の海中にいる。

当時の楽浪はおそらく中国の東の端にあった。その海中だから中国から見ると東の海の向こうにいる人々は東夷であり九夷であり倭人であった。

従って、中国人から見ると中国大陸の東に広がる海の中の島しょ部に住む人々を総称するような概念として「倭人」という語があった。

つまり

倭人=海の民(東に広がる海の中の島しょ部に住む人々)

だった。

おそらく「倭人」は、元は中国大陸から押出された弱小部族だったが、海辺で船を扱う技術を手に入れた。

そうして船でもって、中国大陸沿岸部を伝って北上していった。

東シナ海渤海にも進出した。

さらに朝鮮半島を南に向かった。

渡海して、対馬壱岐とスキップして九州へ達した。

他方で南へ向かった人々は海南島へも行っただろう。

台湾へも流れ着いた可能性がある。

 

なお、上記漢書地理志の文章では、孔子の話と倭人の話とは全く別物だったのが、たまたま前後に並んだという考えもある。そう考えると上記の議論は成立たない。しかし、東夷は天性従順から、孔子が海に浮かぶ話、そして楽浪海中の倭人と、一つの流れがあると私は考える。

 

 

 

縄文人と弥生人

f:id:Aki104:20181213105930j:plain

紀元前1000年から西暦725年までの1700年間の人口増加は、明治維新後現在までの自然増による人口増加、あるいは関ケ原後江戸中期までの同じく自然増による人口増加に比べると、それほど急激なものではない。それは上図の傾きからもわかる。

しかし1700年という長期にわたっての継続的な人口増加は自然増だけではなく、大陸からの流入が多かったと思う。

紀元前1000年の時点では日本全体に(北海道は勘定に入れてない)75800人しかいない。

いわゆる弥生人は、こうした日本に鉄と稲作技術をもって流入していった。

当時の状況は、ちょうどアメリカ大陸にヨーロッパ人が流入する状況と似ている。

つまり、狩猟採集経済だから1平方kmに一人二人程度しか原住民がいない地域に、より高度な文明(農業や鉄器)を持った人々が流入していった。

従って、アメリカ大陸で起こったことから、弥生時代の日本で起こったことを類推できる部分もあると思う。

例えば、流入というのは、大人数が一気に新天地を征服するようなタイプではなく、小規模な、時には個人単位の移住が継続してじわじわ浸透していったものだろう。

ネイティブアメリカンと対立があったように、縄文人弥生人の対立もあっただろう。

弥生人が徐々に縄文人を圧迫していっただろう。

 

ただ違いもある。

例えば、ネイティブアメリカンとヨーロッパからの移住民との対立に比べて、縄文人弥生人の対立はそれほど激しいものではなかったと想像する。

なぜなら縄文人弥生人は人種的には同種であって交じり合ってしまえば区別がつかない。両者は割と自然と交流したと思う。

そういう点はネイティブアメリカンとヨーロッパからの移住民との関係と異なる。

 

実際、古事記を読むと天皇家は地方の部族の長の娘と婚姻関係を多く持つ。そこで生まれた子供は、天皇家を継ぐ日嗣の御子を除いて、また地方に戻って部族を引き継いでいるようだ。

古事記を読むとどうも天皇家はそうした婚姻関係を通じて天皇家の力を強めていったように見える。