わからんから面白い魏志倭人伝

三国志の時代の魏志倭人伝にはわからん事が多い。わからんからそのまま想像力を働かして楽しんじゃお!

倭と呉は直接交易できたか

三国志の時代に、倭は(魏を差置いてその南の)呉と直接交易できたか?

なぜそのような疑問をもつかというと;

1.古事記に「呉」は出てくるが「魏」は出てこない。

2.そもそも弥生時代の米は中国南部(つまり呉の地域)から来ている。これも交易の結果だろう。

3.王仲殊氏は呉の銅鏡製作者が倭に渡って三角縁神獣鏡を作ったと主張する[1]。

  [1]王仲殊著「三角縁神獣鏡」1992年

などがある。

私としては、直接交易は、600km以上の大海を渡らねばならず、不可能だった、と考える。

たとえば、500年後の遣唐使を見てもらいたい。彼らは陸地沿いの北路(卑弥呼使節が通った航路)を新羅との対立により使う事が出来ずに、東シナ海を直接突っ切った。

結果多くの船が漂流したり難破したりした。

当時の技術では、大海原に取残されると自分がどこにいるか全く分からなくなる。太陽と星の位置から方向はわかるからひたすら西に中国本土があると信じて西に向かう事になる。帰りはもっと難しく、東にひたすら進んで日本のどこかに着くことを信じる。仮に南に行過ぎて沖縄列島のすき間を通って島影を発見できなかったら太平洋に出てしまってどちらにいくのか全くわからなくなる。

例えば600kmの距離を時速5kmで進んだとして120時間=5日だ。

順調なら行けそうな距離だが、安全確実とは言えない。

交易をするならある程度の確実性がいる。従って直接交易はできない。

 

しかし、卑弥呼使節が用いた北路を使って、陸伝いに行くことはできる。

その場合には、陸の統治者と友好な関係が必要だ。敵対するなら贈り物(=賄賂)により見逃してもらう。

呉に行くには魏の沿岸を通る必要がある。

魏の軍に捕まって呉に行くと知られたらおそらく命がない。

それでも行くといういわゆる密航者はいつの時代でもいただろうが少数派だろう。

 

沿岸の治安が悪くなると密航者の力が強くなる。後の時代の倭寇などはその例だろう。

 

 

呉の孫権は夷州(台湾)を探させた

f:id:Aki104:20181106102117j:plain

呉の孫権は衛溫と諸葛直に夷州・亶州を探させた(西暦230年)。両将軍は夷州から数千人を捕まえてきた[1]。

ここで夷州は台湾とされる。亶州はよくわからない。

 

台湾は中国本土から見えるだろうか?

昨日の記事で富士山が262km先の八丈島の高台から見えた事を記した。

台湾には富士山よりも高い雪山(3886m)がある。福州市から雪山まで266kmだ。

従って高台に登れば台湾が見える日がごくたまにある。

雪山というからには冬は雪をかぶるからなお見やすくなる。

あるいは夜明け前に台湾島のシルエットがたまに見える。

そうすれば、当時の中国人は海の向こうに陸地があると知ることができる。

中国本土の海岸からは220kmだから高台でなくて船からでも見える事がある。

 

衛溫と諸葛直は西風の時に帆をもった大型の船に乗って(台湾が大きいから)目的地を見失わずに割と容易に行けたと思う。そこで数千人を捕まえて帰った。しかし、衛溫と諸葛直は命令に(十分に)従わなかったとして殺された(西暦231年)[1]。

     [1] 三国志呉書呉主伝

なぜ殺されたのだろう。これを機会に台湾との航路を開発して植民地化しようとしなかったのか?

夷州(台湾)に関してはこれっきりだ。

 

Wikipedia 「台湾」によると、「隋末から宋までの600年間、中国の文献の中で台湾の記事が出現しない空白期間を迎える。」とあるから、台湾はその間中国史から消えている。 

八丈島から富士山が見えるー距離262km

f:id:Aki104:20181106102117j:plain

まず、海上から富士山が見える範囲を考えてみる。

上式で、R=6400km、H=3776m(富士山の高さ)、h=1.6m(人の身長)をm単位をkm単位にそろえてから代入すると距離は224kmになる。

これは伊豆諸島方面では御蔵島より遠く、八丈島より近い。

ここでネットで探してみると、日本地図センター 

https://info.jmc.or.jp/

に、「富士山ココ」

https://info.jmc.or.jp/fujisankoko/

という便利なHPに出会った。そこでは遠くから見えた富士山の写真が掲載してある。

八丈島の大越アロエ園から撮った写真(大越アロエ園から ©苅田義之)がある。

八丈島から富士山まで262kmだ。

上記計算では224kmだから、「あれおかしいな」と一瞬思ったがたぶん大越アロエ園の標高が結構あるのだろう。仮に標高150m(h=150m)とすると見える範囲が264kmとなってかろうじて富士山が見えることになる。

実際大越アロエ園から撮った写真を見ると、冬の真白い富士山のてっぺんだけ(8合目以上くらいか)が海上に浮かんでいるイメージだ。

同じ八丈島でも標高850m位の山から撮った写真(八丈東山(三原山)から ©吉野宏・吉野百里枝)には富士山の麓までしっかり見えている。

ということで、八丈島から富士山が見えた。

しかしいつも見えるわけではない。

途中に、雲や霧がかかればまるっきりだめだし、晴れても空気があって光が散乱するから普通は見えない。

冬の真白い富士山の方がやってくる光量が多くて見えやすい、という事もある。

私は川越に住んでいた時には、冬は晴れていれば白い富士山が見えた。しかし夏には富士山も青っぽくて周りに溶け込んでしまってあまり見た経験がない。

富士山から川越までは大体100kmだ。

そのくらいの距離でも夏には見えたり見えなかったりという事だ。

 

 

紀年銘鏡はたったの14枚

f:id:Aki104:20181114121744g:plain

総計で4000枚ある[1] という古代銅鏡のうち年号の記載のある紀年明鏡は日本ではたった14枚しか出土していない。そのリストが上図だ[2]。

  [1] Wikipedia三角縁神獣鏡

  [2] Wikipedia 「銅鏡」より抜粋

例えば、上図の和泉黄金塚古墳出土の紀年銘鏡には

景初三年陳是作鏡銘之保子宜孫

とある。これから景初三年は鏡の製作年を示すことがわかる。他の鏡でも製作年を示す。

 その製作年をじっくり見て欲しい。

卑弥呼朝貢は西暦238年だ。

14枚のうち12枚に、卑弥呼の魏への朝貢の前後の年号の記載がある。古代の銅鏡は前漢の時代から数えると700年にわたって作られている。ところが紀年銘鏡はたった10年に集中する。

これはどういうことだろうか?

このような極端な集中は何らかの原因と理由があるはずだ。その原因は卑弥呼の魏への朝貢に間違いないだろう。

もっというなら卑弥呼への贈り物銅鏡100枚が原因だと思う。

ただ、だからと言って、上記紀年銘鏡が銅鏡100枚そのものとも言い切れない。

上図だけを見ても実に悩ましい問題がいくつかある。

1.魏の敵対国である呉の年号の鏡がある。

2.景初4年という存在しない年号がある。しかも2枚もだ。

3.異なる形式の鏡がまざっている。

などだ。それから、

4.上図の紀年銘鏡は皆中国製だろうか?

との疑問がある。

以下に今時点の私の想像で応える。

1.魏の敵対国である呉の年号の鏡がある。

三国志には呉の皇帝孫権が、呉の玉と交換に魏から馬を手に入れたとの記載がある[3]。(南方の呉は執拗に兵器としての馬を手に入れようとしていた[3]。一方北方騎馬民族とのかかわりにより魏には馬はいくらでもいた。)そのように呉と魏の間で交易はあった。当時魏の鏡は貧弱なものだが、呉の鏡は大きくて見栄えが良かった[4]。そこで、魏は呉に鏡を注文した。おそらく100枚皆注文した。そしておそらく馬と交換した。注文の時脅しのように「倭に送るぞ~」と言ったかもしれない。呉としては馬が手にいるなら実用性のない鏡くらいいくらでも作っただろう。

   [3] 三国志呉書呉主伝

   [4] 王仲殊著「三角縁神獣鏡」(1992) 86-87ページ参照

2.景初4年という存在しない年号がある。しかも2枚もだ。

景初3年に魏では暦の変更があり(正月の時期がずれて)景初3年12月の後に景初3年閏12月があった。この閏12月を景初4年閏12月と間違えた。特に作ったのが呉の職人なら他国の年号を間違える事はあるだろう。また間違えて作ったものを平気で差出すこともやれただろう。

3.異なる形式の鏡がまざっている。

鏡の形式などは現在の学者が多数の鏡を分類するために作ったものだからあまり意味ないものだと感じる。職人の好みとその時に使える基本の鋳型によって三角縁にしたり平縁にしたりするだろう。そういう意味で三角縁神獣鏡だけを特別視する事は私には理解できない。

4.上図の紀年銘鏡は皆中国製だろうか?

昔、原価3万円の10万円金貨を偽造して儲けようとした人間がいた。金貨などは本物を鋳型として、その逆を作り、さらに逆を作って偽造する事ができる。古代鏡も同様だ。従って紀年銘鏡のなかに複製したものがあっても不思議ではない。当時は著作権もないから、魏の銅鏡100枚はせっせと複製したと想像できる。その時使う銅材料は、まだ国内で銅が発見されてないから輸入品だろう。銅のなかの鉛のアイソトープの成分比では輸入元の中国製あるいは朝鮮製と判断される。

 

話変わるが、例の「漢委奴国王」の金印も古代の複製品かもしれない。金貨を偽造するように金印を複製することは当時の技術で十分可能だと思う。だから同じ金印がもう2-3個出てきても不思議ではない。金の成分分析により材料が日本製だとされても驚かない。たとえ複製であっても金印の価値は変わらない。なぜなら複製するには原型が要る。その原型があったという事実が、奴の国王が金印を綬けられたという歴史事実の証明になる。

むしろ未だ見つからない卑弥呼の「親魏倭王」の金印が古代に複数個に複製されて見つけやすくなっている事を想像したい。

 

卑弥呼の銅鏡-2

f:id:Aki104:20181113091959j:plain

上図はPublicDomain 画像を編集。東京国立博物館 in Wikipedia 「銅鏡」

上図に「景初三年」という文字が見える。

見えないという人は左半分真ん中より少し上に四角で囲われた「三」の字を見つけて欲しい。その字の左斜め下、図左下隅に四角で囲われた「年」の字がある。「三」の字の右、図中央上の四角の中はよくわからない。さらにその右、図右上隅の四角は「景」と読めそうだ。

ここでは文字は反時計回りに読む。一つ一つの文字が四角に囲われている。文字は鏡中心から放射状の向きに配置する。

昨日の三角縁神獣鏡では、時計回りに読む。四角の囲いはない。文字は円周方向の向きに配置する。

というわけで文字に関する限り、大分形式が異なる。

ところがやはり「景初三年」の後に「陳是」とあって、陳是さんが作ったらしい。

同一人物がこのように形式を変えるのも不自然だから、陳是と言うのは工房の名前であってその中に何人かの人が半ば独立に仕事をしていたかもしれない。

この銅鏡は和泉黄金塚古墳出土のものであって画文帯同向式神獣鏡というらしい。

という事は三角縁神獣鏡ではないということだろうか。

 

景初3年は西暦で239年だ。

卑弥呼の使者が景初2年(西暦238年)に行っている。

昨日の三角縁神獣鏡は正始元年(西暦240年)だ。

実は年号の記載があるいわゆる紀年銘鏡は非常に少ない。日本出土ではたった14枚しかない。そしてそれらの紀年銘鏡にある年号はほとんどが西暦239年付近に集中している。

という事実を次回考える。

卑弥呼の銅鏡‐1

f:id:Aki104:20181112103140j:plain

(上図)Public Domain 画像を編集、東京国立博物館 in Wikipedia「銅鏡」

上記図は蟹沢古墳出土の三角縁同向式神獣鏡の一部だ。

上図の時計の1時の位置から3時の位置までに

「始元年陳是」

とある。欠けた12時の位置には「正」の字があったと類推して、

「正始元年陳是」

と読む。他にも2枚の銅鏡に同様に「正始元年」とあるということだ。

正始元年は魏の年で西暦240年だ。つまり西暦238年に卑弥呼の使者が洛陽に行った返礼の魏の使節が倭に来た年だ。「陳是」というのは鏡を作った人の名前らしい。

ということでこの鏡が魏の皇帝から送られた銅鏡100枚の1つだ、とする学者が多い。

しかもその3枚の銅鏡がすべて三角縁神獣鏡という形式の銅鏡だから俄然三角縁神獣鏡が魏から送られた銅鏡100枚だ、という事になった。

しかし、それに異を唱える人も多い。

第1に三角縁神獣鏡が中国から出ていない。一枚出たといううわさもあるが。

第2に三角縁神獣鏡が何百枚も日本で出ている。贈られた100枚を超えている。

第3に魏で作られた銅鏡は三角縁神獣鏡のような大型のものが少ない。

ということで、わからん事が多いから、これからいろいろ考えてみたい。

 

ところで、

三角縁神獣鏡とはどんな鏡か?

その定義は?

縁が三角の断面をもち神獣の彫りがあるから三角縁神獣鏡か?

そもそも銅鏡をどのように分類するのだろうか?

そうした分類法は意味があるのだろうか?

縁の形と彫られた内容で分類していいものだろうか?

などなどの疑問を、私は持っている。

 

卑弥呼の贈り物

f:id:Aki104:20181111095153g:plain

西暦238年の卑弥呼の贈り物は生口10人と布2枚という寂しいものだった。

余程急いでいて贈り物を集める余裕がなかったに違いない。帯方太守に新任したばかりの劉夏も急がせただろう。むしろ魏の中央をよく知っている劉夏が主導したかもしれない。

内容よりも早さを重視した。

使者難升米と牛利も、中国文明に圧倒されることなく、贈り物の貧弱さにも関わらず、毅然と応対したに違いない。魏はこの二人を称号を与えるに値する人物とみなした。

結果的に使者の派遣は大成功だった。

魏の明帝は大いに喜んだ。

おそらく倭が、東方から呉を牽制できる勢力とみなしただろう。

一方で、倭に対し、魏が強大で文明の進んだ帝国である事を示す必要があった。それが倭への膨大な贈り物になった。内容的には100倍以上のお返しだ。

 

これらの贈り物の中で現代まで残りそうな物はどれだろうか?

布類はまず残らないだろう。真珠鉛丹、金は残っていても見分けがつかないか?

そうすると金印、刀、銅鏡か?

金印は表面に親魏倭王とあるはずだから、出土すればすぐそれと分かる。ただ2.5cm角位の小さいものだからなかなか見つからない。(志賀島で漢委奴国王の金印が見つかったのは奇跡だ。)それでも最新の科学技術を応用して絨毯爆撃的にあらゆるところを調査すればいずれ探し出せると思う。(もっとも盗掘者が見つけて溶かしてしまったらどうしようもない。)

刀二振りは期待できる。この刀は鉄製だろうか?青銅製だろうか?表面に文字があるだろうか?

銅鏡100枚については次回考える。